2016年 12月 22日 ( 1 )

12/21 行事食

二十四節気のひとつ、冬至の日の行事食を提供しました。
この日は1年のうちでもっとも昼間の時間が短い日です。
その昔「ん」がつく食べ物を食べると運がよくなるという事で、
「南瓜(なんきん)」を食べるという風習が出来たといわれています。
また、今と違い毎日お風呂に入る習慣がなかった為、お湯に浸かること自体が
身体を浄める意味があり香りの強い柚子を入れることによって
邪気を払うという意味もあったそうです。
聖愛園でも、本日の昼食は南瓜を使った料理を提供しました。
(栄養士:H.M)

a0154110_11511732.jpg
a0154110_11512683.jpg
a0154110_11513222.jpg


by seiaien | 2016-12-22 11:51 | Comments(0)